メカニズム|肥満対策に、なぜビフィズス菌B-3が注目されているの?

メカニズムを見てみましょう。|動画でご覧いただけます。再生すると音が出ますのでご注意ください。

POINT1|気になる肥満の原因は、慢性炎症にあります。

食べ過ぎや運動不足、基礎代謝量の低下だけではなく、実は、体の中の〝慢性炎症〟も肥満の原因のひとつであることがわかってきました。慢性炎症とは、体の中で長期にわたり低レベルの炎症が続くこと。そして肥満とは、体内の脂肪細胞が肥大化して脂肪の蓄積が進むことで、そこに深く関係しているのが、脂肪細胞の炎症です。高脂肪食を摂取すると、腸管のバリア機能が破壊され、炎症を起こす物質(LPS)が流入し、脂肪細胞の炎症を引き起こしてしまうことが報告されています。

POINT2|慢性炎症は、身体の不調につながります。

体内で慢性炎症が起こると、糖尿病や動脈硬化などに発展しかねません。つまり、この慢性炎症を避けることは肥満を防ぐだけでなく、健康を維持するためにもとても重要なのです。

POINT3|ビフィズス菌Bー3は、慢性炎症を緩和します。

そこで注目を集めているのが、ビフィズス菌B-3です。B-3には腸管のバリア機能を回復させる力があるため、炎症を起こす物質(LPS)の流入をブロックし、慢性炎症を緩和すると考えられます。これが、ビフィズス菌B-3ならではのパワーであり、さまざまな健康効果をもたらす秘密と考えられます。

ビフィズス菌B-3 Q&A

Q:ビフィズス菌ならどれでもよいですか?|A:どれも同じとは限りません。

ビフィズス菌にはさまざまな種類があり、その働きも異なります。太りにくい体質を手に入れるなら、抗肥満作用のあるビフィズス菌を選ぶのがポイントです。森永乳業のビフィズス菌研究により発見されたB-3は、痩せるはたらきが観察されたビフィズス菌。健康的なカラダづくりに力を発揮します。

Q:どのように摂取すればよいですか?|A:日々の習慣としてお続けください。

B-3は毎日続けることで太りにくいカラダづくりを応援します。忘れないよう、サプリメントで摂るなど習慣づけるようにしましょう。

Q:他のダイエット食品との違いは何ですか?|A:B-3は太りやすさの原因を腸内環境からブロックします。

カロリーを制限するものや、脂肪の燃焼を促進するものなどがありますが、ビフィズス菌B-3は太りやすさの原因を腸内環境からブロックする働きで、健康的なカラダづくりをサポートするものです。